アイコスアイコスドットコム

iQOS愛用者のための最新情報ニュースメディア

2017年08月27日 0時07分

gloの追撃を受けるiQOS、新フレーバーの追加はいつ!?

 

加熱式タバコ界の覇権争い

 

米フィリップモリス社が発売するIQOS(アイコス)。アイコスも属する加熱式タバコの世界で、ライバルであるのは英ブリティッシュ・アメリカンタバコ社の「glo(グロー)」とJT(日本たばこ産業)の「Ploom TECH(プルームテック)」です。

 

IQOS glo ploom tech

 

2014年の名古屋での試験販売、2015年9月の12都道府県での販売、そして2017年4月の全国販売と、フィリップモリス社はこれまで他の2社に先行して日本での商品展開を進めてきました。

 

しかし最近になって、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社のgloが追随の勢いを加速させています。まず販売地域については、gloも今年10月2日に全国販売を開始するとのアナウンスが。

 

既存の3地域では成人喫煙者のおよそ10人に1人、初期のテスト販売地である宮城県に限って言えば成人喫煙者のおよそ3人に1人がgloを購入しているという8月時点でのデータもあり、シェア拡大の勢いは強いようです。

 

 

gloのストア数が拡大

 

そして、それぞれの公式ストアの数はIQOSが仙台・東京(銀座・原宿)・名古屋(2店舗)・大阪(梅田・心斎橋)・広島・福岡の9店舗に対して、gloは仙台・東京(青山)・大阪(梅田)の3店舗とまだまだ少ないものでしたが、2017年内には既存の3地域に加え、札幌・名古屋・広島・福岡の4地域でストアをオープンする予定だということです。

 

IQOSストア

 

既にIQOSストアがある地域に加え、まだIQOSストアが未進出の北海道でgloストアが先んじる形です。gloのテスト販売地であった仙台はちょっと事情が違うでしょうが、アイコス擁するフィリップモリス社は札幌で初めて先手を取られたような恰好ですね。

 

 

フレーバー充実度の勝負では?

 

また、加熱式タバコ界の争いで大きなポイントとなるフレーバーについても、gloがかなりのヤル気を見せています。

 

gloにおいて、アイコスでいうところの「ヒートスティック」にあたるのは「ネオスティック」です。

 

glo ネオスティック

 

KENTの「ブライト・タバコ(レギュラー)」「フレッシュ・ミックス(ミント)」「インテンスリー・フレッシュ(メンソール)」が発売されていますが、ここに新たなフレーバー「スムース・フレッシュ(なめらかなメンソール)」を追加、そして先行販売地域であった宮城県内に限り、さらにまた別の4種類のフレーバーを発売するというのです。

 

気になるそのフレーバーとは、「リッチ・タバコ(深みのレギュラー)」、「シトラス・フレッシュ(すっきり香るメンソール)」、「ダーク・フレッシュ(贅沢に香るメンソール)」、「スパーク・フレッシュ(爽快に香るメンソール)」の4種。

 

glo ネオスティック 新フレーバー

(上段が「スムース・フレッシュ(なめらかなメンソール)」、下段が宮城県限定販売の4種)

 

 

一方、アイコスのヒートスティックは全てMarlboroですが、当初の「レギュラー」「バランスドレギュラー」「ミント」「メンソール」に加え、2017年4月に全国発馬の「パープルメンソール」「スムースレギュラー」の新フレーバーを加えた全6種類が現在のラインナップです。地域限定ではあるものの、このままだとフレーバーの数でgloに抜かれてしまう見込み。

 

Marlboro ヒートスティック

 

 

 

今後発売されるヒートスティックは?

 

そこはフィリップモリス社のこと、流石に指をくわえて見ているだけとは思えませんので、当然次の一手(ヒートスティックの新味追加)を予定しているのでしょうが、果たしてそれはいつになるのか!?

 

ところで、日本以外の国では販売されているヒートスティックの種類が違うのはご存知でしょうか?

 

 

【HEETS】

韓国やカナダ、イギリスをはじめとする一部のヨーロッパで販売。Amber Label(リッチ・テイスト)、Turquoise Label(メンソール)、Yellow Label(ライト・テイスト)の3種類のフレーバーがあります。

 

HEETS

 

【Parliament(パーラメント)】

ロシアや東欧圏の国家で販売。BLUE(レギュラー)とFRESH(ミント)の2種類のフレーバーがあります。

 

Parliament(パーラメント)

 

 

前回の新味追加時と同じく、あくまで日本ではMarlboroのラインナップを増やしていくのか。もしくは、タバコの銘柄としては日本でもおなじみのParliament(パーラメント)等の新しいラインを加えてくるのか。いずれにせよ、今後の展開のニュースが待ち遠しいですね!

 

[参考記事]

 

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

Facebook