アイコスアイコスドットコム

iQOS愛用者のための最新情報ニュースメディア

2018年10月15日 17時35分

iQOSは不調?でもフィリップモリスは業績回復に自信あり

フィリップ・モリス・インターナショナルは、タバコ業界の最近の不振から将来的に回復することを予測しています。

フィリップ・モリスは現在、より多くの喫煙者にたばこ代替商品への切り替えを促すため、ホテルや歯科医師、生命保険会社との提携を進めている動きをするなど、現在の店頭イベントなどとは異なった業界アプローチを開始。

スイスのローザンヌで行われた投資家会合では、IQOSデバイスなどの製品に使用されるタバコスティックの出荷量は倍増していることを発表し、2021年には1000億個に達すると断端予測も。

それだけでなく、新型のiQOSやフレーバーを導入することで、2018年は、昨年360億から420億に増加するとも予想しています。また、既存のスモーカーがIQOSに200万人切り替えば、年間で約9億ドルの収益を上げると述べ、全iQOSユーザー860万人のうち、3分の2が日本在住のスモーカーということも報じています。

 

参考:ブルームバーグ

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-27/marlboro-maker-confident-in-smokeless-future-after-iqos-slowdow

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

Facebook