アイコスアイコスドットコム

iQOS愛用者のための最新情報ニュースメディア

2018年09月19日 11時00分

電子タバコがポケット内で爆発!? iQOS、glo、プルームテックなの?

アメリカで多く報じられている電子タバコの爆発や発火は、近年社会問題になりつつあります。
一部のスマートフォンでもニュース報道で「発火」「炎上」が見られますが、電子タバコの爆発はその比ではありません。

まずは実際に電子タバコが爆発した動画を見てみましょう。

作業中の男性のポケットから火花が散ったのち爆発していることが分かります。

爆発した電子タバコは日本国内で販売されているiQOSやglo、プルームテックといった加熱式タバコではなく、アメリカで主流である電子タバコ「VAPE(電子タバコの総称)」であることが分かっています。

「VAPE」は加熱部分のアトマイザーやバッテリーを自分でカスタマイズすることができ、iQOSやglo、プルームテックとは異なり、電圧を自由に上げることができるモデルが存在します。

今回の爆発に関して、バッテリーの通電に関する制御ユニット、または粗悪なバッテリー、バッテリーと基盤の接触面の劣化や高温多湿による漏電が原因であると思われます。

では、iQOSやglo、プルームテックは安全か?という疑問も出てきますね。

iQOS販売スタッフにこの質問を投げかけてみたところ、非公式ではありますが「iQOSの場合、メーカーは明かせませんがクオリティチェックを通ったバッテリーを採用しています。また、電子制御の基盤も改良を重ねて安全に考慮して作られていますので安心してお使いいただけます。」とコメントを頂きました。
しかし、その中で「他社製の加熱式タバコのバッテリーや電子制御系統には疑問が残ります。」と苦言している一面も。

2018年秋現在、iQOS・glo・プルームテックにおいて、大きな事故が発生したことは報じられていません。
しかし、不正な改造やバッテリー交換など非公式な使用方法している場合、経年劣化と共に問題が発生する可能性があるかもしれません。

 

出典:youtube

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

Facebook