アイコスアイコスドットコム

iQOS愛用者のための最新情報ニュースメディア

2017年06月07日 10時31分

通称「名古屋モデル」のIQOSを知ってますか!?

皆さんは、IQOS(アイコス)の「名古屋モデル」をご存知ですか?

 

2014年の11月、フィリップモリス社が日本におけるアイコスの試験販売スタートの地に選んだのは名古屋でした。

当初発売されていたのは現在流通しているものとは違う、アイコス初期型。これが「名古屋モデル」の正体なんですね。

 

では、その初期型とはどんなもので、今のアイコスと何が違っていたのでしょうか。

 

まず一目見てわかるのは、色の違い。現行モデルはホワイトと、かなり黒っぽいですがネイビーの2種。それに対して、名古屋モデルはブラックのみです。

 

名古屋限定アイコス チャージャー

 

また、デザインも今とは異なっています。

チャージャーは完全に丸みを帯びているのではなく端が角ばっており、公式のシリコンケースもそれに合わせた形になっていました。

 

そしてホルダーは今のように丸みを帯びておらず、八角形に角ばっていました

 

名古屋限定アイコス ホルダー

 

実は、クリーナーも同形状です。

 

名古屋限定アイコス クリーナー

 

そのほかホルダーを挿す方向が現在とは180度逆で、チャージャーのスイッチ群があるのとは反対側にホルダーのランプ面が向くように作られていました。

 

チャージャーの電源ボタン・クリーニングボタンも現在とは位置が逆であり、このモデルを見るとその後に細かい仕様変更があったことがわかります。

 

名古屋限定アイコス ホルダー

 

 

名古屋モデル、レアものという意味ではとても興味をそそられます!!

 

しかし、、このモデルを使ったユーザーからの声を汲み上げて改良が加えられたのが現行のアイコスでしょうから、使い勝手は今のものがよさそうですね。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします

Facebook